お気軽にご相談ください!
0120−436565
HOME > 似顔用写真撮影のコツ

似顔絵用写真撮影のコツ

 
良い似顔絵を描くには、制作担当者がその方をイメージしやすく、わかりやすい写真が必要です。笑顔が特徴であれば笑顔。優しい表情であればその表情の写真をお送り頂ければより似せることができます。写真の善し悪しがかなり似顔絵の出来上がりに影響します。鮮明でない写真の場合、似させるまでの工程が通常より多く必要になりますので別途追加料金を相談させて頂く場合がございます。
是非、似顔絵を描きやすい写真を撮影してお送りください。

正面 顔アップ

似顔絵を似させるコツ その1

似顔絵にしたい表情の写真を撮影 

似顔絵で表現したい表情で、出来るだけ顔をアップにして明るい場所で撮影し、鮮明な写真をご用意ください。

全身+ポーズ

似顔絵を似させるコツ その2

体つき、ポーズが分かる写真を撮影

 

全身と似顔絵にしたいポーズを撮影してください。服に特徴がある場合等は服特徴部分を撮影した写真もご用意ください。
服装を撮影した例
動画

似顔絵を似させるコツ その3

動画で表情やポーズを伝える

 

携帯電話などで撮影した動画データをお送りください。似顔絵にしたい表情や個性をお知らせください。

似顔絵作成に適さない写真例

以下は、非常に似顔絵にしにくい写真です。
もし、このような写真しか無い場合には、是非、似顔絵用に再撮影をお願い致します。

ピンぼけしている
ピントのあった写真を
表情が希望と異なる
似顔絵にしたい表情の写真を
表情が希望と異なる
似顔絵にしたい表情の写真を
角度が正面で無い
正面から撮影を
引きすぎていて顔が小さい
顔アップの写真を
解像度が低い
高画質なモードで撮影を
暗い
明るい場所で撮影を
顔色などがわからない
照明のある場所で撮影を
小さい
大きいサイズの写真を